痛み抑えた「虫歯治療」|ケンデンタルクリニック。土日祝も診療|小牧市・江南市・犬山市

メイン画像

どのような虫歯でも、可能な限り
痛みを抑え」「削る量を少なく
歯の神経を守る
それが、当院の診療方針です。

銀歯を「保険で白く」する治療
(CR治療)も行っています。

  • 治療前
  • 治療後

※上記画像は、CR治療の症例になります。

お気軽にお問い合わせください。

あなたにとって「重要視」したいことは何ですか?

虫歯治療は「痛い」「歯を削る」「歯の神経を抜く」治療が伴います。
当院ではこれらのことを、可能な限り負担を少なく対応しております。
下記項目で興味があるボタンを押してご確認下さい。

可能な限り「痛みを抑えた」歯科治療

最近では機器や材料の進歩により「可能な限り痛みを抑えた」治療が可能になっています。
当院で実施している手法をご紹介いたします。

こだわり1.表面麻酔

表面麻酔

注射する部分に事前に麻酔液を塗ります。
これにより注射時の痛みを抑えます。

こだわり2.「極細の針」を使用

極細の針

蚊に刺されても痛くないように、針が細ければ細いほど痛みは少なくなります。当院では極細の針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

こだわり3.「電動麻酔注射」を利用しゆっくりと注入

電動麻酔

麻酔時に痛みが生まれる原因の一つは、麻酔液が体内に注入されるときの圧力です。そこで当院では、麻酔液の注入速度や圧力をコンピューターによって自動的にコントロールできる電動麻酔注射を用い、麻酔時の痛みを軽減しています。

可能な限り「削る量を抑える」虫歯治療

一度歯を削ると、詰め物や被せ物をして機能を取り戻すことはできますが、削ってしまった歯は再生することはないため、二度と元には戻りません。

「天然歯に勝る歯はこの世に存在しない」

歯を削ることは、歯の寿命を縮めることになります。何度も治療を繰り返すことで削る部分もなくなってしまい、最終的には歯を抜いてインプラント入れ歯をすることになります。当院では一人でも多くの方に健康で幸せな人生を送っていただきたいと考えております。だからこそ可能な限り「削らない」虫歯治療にこだわります。

どのようにして、可能な限り「歯を削らないで治療できるのか」をご紹介します。

こだわり1.治療の精度を飛躍的に高める-ルーペ(拡大鏡)

診療

歯を削る量を抑えるには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では症例に応じて「拡大鏡」を利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行います。

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然ですね。

比較

こだわり2.必要な部分しか削らない「超極細ドリル」

バー

歯はバーと呼ばれる「ドリル」で削ります。
このドリルが太ければ歯は大きく削れますし、細ければ削る量を抑えることができます。
当院では細いドリルを利用していますので、健康な歯までを削ることはありません。

こだわり3.虫歯感染部位だけをしっかり除去する「スプーンエキスカベーター」

エキスカ

更に当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「機器」ではなく、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏むこともあります。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。

この部分は手の力で除去することもできます。しかし、ドリルを利用した方が一気に削ることができ、時間短縮になりますので多くの医院さんではドリルで除去を済ませてしまいます。

しかし当院ではドリルだけで済ませることはしません。
なぜならば、ドリルを利用すると健康な歯までも削ってしまうことがあるためです。
そのため、ケースによってはドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカベータ―を利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりとお考えください。

歯の神経を守る治療法

MTA

虫歯が進行し、神経まで達してしまうと、通常「抜髄」という歯の神経を除去する処置を行います。
しかし、ここで紹介するMTAセメントを利用すると、虫歯が神経に達していた場合でも神経を除去せずに治療が可能になります。

※神経が生きていることが前提です。

虫歯が原因で「神経を除去する必要がある」と言われてしまった方。一度ご相談ください。
しかし、すべての症例で対応できるわけではありませんので、その点、事前にご了承ください。

イラスト

「虫歯治療=銀歯」ではありません!
白い素材も保険で対応!

虫歯治療をすると「銀歯」になるイメージの方が多いかと思います。
もちろん銀歯も1つの選択肢です。

しかし、同じ保険で「白い素材」を利用できることを知っている方はあまり多くありません。
CR(コンポジットレジン)という素材を利用します。

  • 治療前
  • 治療後

※CR素材を利用して虫歯治療をした症例です。

この治療法は治療適応範囲に限界があり、大きな銀歯や、全部を被せるクラウンなどの代わりにはできません。

銀歯と異なり下記のようなメリットがあります。

【メリット】

  • 白い素材なので目立たない
  • 1回の治療で終了する
  • 歯の隙間をしっかり埋めるため虫歯になりにくい
  • 歯を削る量を最小限に抑えられる

すべてが良いことばかりではありません。
下記のようなデメリットもあります。

【デメリット】

  • 変色することがある
  • 被せ物では利用できない
  • 症例が限定される

ご興味がある方は、ご相談ください。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • メール相談

このページの先頭に戻る